« 前  

2009年12月4日(金)

  次 »
  • 前NY州知事エリオット・スピッツァーへの長時間インタビューです。金融危機が連邦準備制度理事会議長のベン・バーナンキと財務長官ティモシー・ガイトナーによっていかに扱われたのかについて語ってもらいました。彼によれば、バーナンキとガイトナーは「崩壊する羽目になった金融システムを実際に構築した、かつ構築に手を貸した張本人」であり、交替すべき人物たちだと言います。スピッツァーはまた昨年、彼が知事を辞任するに至ったスキャンダルについても話しています。「私に対立する多くの人間がいたことは間違いないと思う。しかも実に強大な権力を持った人々。彼らは私の失脚を喜んでいた」と彼は言います。「そんな彼らが(スキャンダル暴露に)関与したかどうかについては他の人が判断することだ。私が辞任したのは私が行ったことのせいなのだから」
  • 今日はブラック・パンサーの指導者だったフレッド・ハンプトンが死んで40年目の日です。1969年12月4日、シカゴ市警はフレッド・ハンプトンの自宅アパートを急襲し、ベッドの中の彼を射殺しました。当時彼はまだ21歳。ほかの指導者だったマーク・クラークもまたこの摘発で殺されました。捜査当局の言い分では武器捜索令状を持って摘発に訪れた警察にパンサー側が発砲したのがきっかけだったとしていましたが、後に、まったく違った経緯を示す証拠が出てきました。すなわち FBI とクック郡の州検察事務所さらにシカゴ市警が共謀してフレッド・ハンプトンの暗殺を画策したというものです。The Assassination of Fred Hampton: How the FBI and the Chicago Police Murdered a Black Panther(『フレッド・ハンプトン暗殺:いかにしてFBIとシカゴ市警が1人のブラック・パンサーを殺したか』)の著者である弁護士ジェフリー・ハースに話を聞きます。

    ★ 字幕動画はこちら

    ★ DVD 2010年度 第1巻 「公民権運動」に収録

Syndicate content