« 前  

2009年11月27日(金)

  次 »
  • 伝説的なラジオ放送家で作家、民衆による伝承歴史の記述者で談話の達人、現代の年代記編纂者だったスタッド・ターケルがシカゴの自宅で亡くなってから1年余りがたちました。享年96。本日のデモクラシー・ナウ!は彼に捧げる1時間の特別番組の再放送です。ターケルは長年にわたり、デモクラシー・ナウ!の常連ゲストでした。2005年に、当番組が多岐にわたってターケルにインタビューした映像の再放送です。ターケルが、病床のゴスペル歌手マヘリア・ジャクソンを見舞ったマーチン・ルーサー・キング牧師に、その病床でインタビューした貴重な映像もお送りしましょう。2005年時点で彼はこう語っていました。「好奇心に駆り立てられるのです。世界はどうなっていくのか、世界はこれからも在り続けるのか? だから自分の墓碑銘はもう決めてあります。『好奇心はこの猫を殺せなかった』。ここまでやってこられたのもその好奇心のおかげですから」
Syndicate content