« 前  

2009年11月6日(金)

  次 »
  • テキサス州フォートフット基地で13人が死亡、30人が負傷するという米軍基地史上最悪の大量殺人事件が起きました。容疑者は軍所属精神科医のニダル・マリク・ハサン少佐で、イスラム教徒であることからいじめに遭って軍を辞めようとしていたと報道されています。実は6カ月前にも同様の事件が起きています。今年5月、イラクの米軍基地キャンプ・リバティで米兵5人が射殺される乱射事件がありました。米ムスリム軍人退役軍人問題評議会(American Muslim Armed Forces and Veterans Affairs Council)のカシーム・ウクダーと、The War Comes Home: Washington’s Battle Against America’s Veterans(『戦争が家にやってくる:ワシントンの米退役軍人に対する戦い』)の著者で独立系ジャーナリストのアーロン・グランツに話を聞きます。
  • 米下院による独自の医療保険改革法案が明日にも同院で採決されます。かつて米大手医療保険会社ブルークロス・ブルーシールドのフロリダ社の「顔」だった男優が、医療保険改革を邪魔するだけの保険業界に愛想を尽かしたようです。俳優でコメディアンのアンディ・コブは同社のフロリダのCMに出ていましたが、いまやその元雇用社と決別し、政府運営のいかなる医療保険プランにも強硬に反対する民間保険業界全体に反対の声を表明しています。
  • 過去8年以上にわたって俳優でドキュメンタリー作家および劇作家でもあるアンナ・ディヴィア・スミスは医者や患者たち、有名人から一般庶民、アメリカ人ばかりか海外から来た人々まで数百人もの人々にインタビューして、彼らの病気や苦悩や生死、そして医療保険制度に関して話を聞き出してきました。それら心に触れる物語を基に、彼女の最新作であるパワフルな一人芝居Let Me Down Easy(『やさしく落ち込ませて』)をまとめあげました。
Syndicate content