« 前  

2009年8月27日(木)

  次 »
  • 77歳で逝去した故エドワード・ケネディ民主党上院議員の死を惜しむ言葉が26日、米国ばかりでなく世界のいたるところで聞かれました。番組ではオバマ大統領と ジョー・バイデン副大統領の弔辞とともに、生涯をかけた課題だった医療保険制度改革について熱弁をふるう生前のケネディ上院議員のビデオをお届けします。
  • マサチューセッツ州のドゥヴァル・パトリック知事は、エドワード・ケネディ上院議員の政治家としての最後の遺志を実現し、臨時の後継議員を任命したいと述べました。ケネディ議員は先週、議員補欠選挙は欠員発生から最低145日の期間を設けるという州法を改正するよう、マサチューセッツ州議会に要請していました。同法に従えば、ケネディ議員の議席は、少なくとも1月の半ばまで空席となります。ボストン・フェニックス誌の政治レポーター、デヴィッド・バーンスタインに話を聞きます。
  • マーサズ・ヴィンヤードでの夏休みの初日にオバマ大統領はスイス・ユナイテッド銀行(USB)のCEOロバート・ウルフとゴルフをし、5時間を共に過ごしました。ウルフは、オバマの大統領選挙で早くからの資金提供者でした。2人はゴルフに興じましたが、USBのもうひとりの重役、ブラッドリー・バーケンフェルドは、顧客の脱税を幇助した罪を認め懲役40ヶ月 の判決を下されたばかりです。USBが、裕福な米国人の納税義務回避を幇助していたことを認めて以来、初の実刑判決となります。バーケンフェルドは自ら率先してUBSを内部告発しました。彼が当局へ情報を開示し、協力したことにより、同銀行の行動の内部情報が提供され、連邦当局による大規模な調査の火付け役となりました。
  • アカデミー賞受賞男優で監督・脚本家のティム・ロビンスが、ダニエル・ベリガン神父の名高い戯曲『ケイトンズビル事件の9人』(The Trial of the Catonsville Nine) の公演に一役買っています。この芝居は、1968年5月17日、ダニエル・ベリガン神父と弟の故フィリップ・ベリガン神父をはじめとするカトリックの平和運動家 9人がメリーランド州ケイトンズビルの徴兵委員会に侵入しベトナム戦争に送られる寸前だった若者たちの徴兵ファイルを持ち出した事件をテーマにしています。9人は逮捕され、世間の注目を集めて反戦運動に火を注いだ裁判で判決を下されました。この芝居について、ロビンスに話を聞きます。芝居は彼が所属するロサンゼルスの演劇集団「アクターズ・ギャング」が公演中です。

    ★ 字幕動画はこちら

Syndicate content