« 前  

2009年8月24日(月)

  次 »
  • 米国司法省は24日、2004年にCIA監察官が作成し、その後長らく非公開にされてきた、拘束施設での虐待についての詳細をまとめた報告書を公開すると発表しました。報告書によると、CIAの取調官は、拘束されている人びとに対して模擬処刑を行っていました。さらに同報告書には、被拘束者の1人が、 CIAの尋問中に拳銃や電動のパワードリルで脅迫されていた様子についても詳述されています。ニューズウィーク誌は21日に同紙ウェブサイトで、この報告書の詳細を米国で初めて取り上げました。ニューズウィークのマイケル・イシコフ記者に話を聞きました。
  • 米フロリダ州移民判事は21日、ユーセフ・メガヘドの国外追放を求めた政府当局の訴えを退け、4ヶ月間過ごした南フロリダの拘置施設から同氏を釈放しました。ユーセフは4月、連邦爆発物取締法違反の容疑に関して陪審員評決で無罪の決定を受けた3日後に、タンパにあるウォールマートの店頭で連邦移民局の捜査官に再逮捕されました。番組では、釈放後初の長時間インタビュー放送となるユーセフ本人と、ユーセフの弁護士のチャールズ・クックに話を聞きました。
  • 服役中のネイティブアメリカン活動家、レナード・ペルティエの仮釈放の申し出が再び認められませんでした。米仮釈放委員会は21日、64歳になるペルティエに対し、釈放は「犯した罪の深刻さを軽んじてしまい、法の軽視を促進してしまう」ことになると声明を発表しました。今回、過去15年間で初めて仮釈放の審理が行われました。次回の仮釈放申請には、レナードが79歳になる2024年の7月まで待つ必要があります。番組ではレナードの弁護士、エリック・ザイツに話を聞きました。
  • 41年前に起きた男性、女性、そして子供を含むベトナムの住民500人以上を米国の軍隊が殺害した「ミライの虐殺」で、虐殺に関与した罪で有罪判決を受けた元陸軍中尉が、公の場で初めて謝罪しました。 ウィリアム・キャリーは同事件で有罪となった唯一の米兵でした。キャリーは22件の訴因で殺人罪で有罪判決を受けましたが、後にレーガン元大統領により減刑を受けました。前週、キャリーは公式の謝罪を初めて行い「あの日ミライで起こった出来事に対して自責の念を感じない日はありません」と語りました。またキャリーは、指示に従って行動していたと付け加えました。
Syndicate content