« 前  

2009年6月17日(水)

  次 »
  • 米連邦最高裁は15日、「キューバの5人」と呼ばれる拘留中の5人のキューバ人の再審請求を棄却しました。5人は南フロリダ州の米軍やキューバ亡命者に関してスパイ活動を行っていたとして2001年にマイアミの陪審により法廷で有罪判決を受けました。現在5人全員が米国各地の連邦刑務所で服役中です。弁護団は、「キューバの5人」は米軍に関する諜報活動は行っておらず、本国キューバへの攻撃活動を組織した過激な右翼キューバ人グループを監視していただけと主張しています。同件を担当したマイアミの裁判官がこの裁判をキューバ亡命者の住民が少ない地域へ移すことを拒否したため、裁判はキューバ亡命者が圧倒的に多いマイアミで行われました。 弁護団は、マイアミ地区の陪審員適格者の多くは、5人に対して偏見を持っていたと語っています。「キューバの5人」裁判の訴訟手続きは、国連人権委員会からも非難されました。訴訟手続きが同委員会で問題視されたのは、米国史上初めてのことです。
  • 就任後の数ヶ月間、オバマ大統領は、ブッシュ政権が正当化した政府の重要情報に関する秘密主義を受け入れてきました。ごく最近では大統領を護衛するシークレットサービスが、2つの組織から要求された、ホワイトハウス訪問者の記録公開を拒否しました。この訪問記録には、銀行規制や環境政策、景気回復および外交に関して、オバマの政策立案会議に関わった人々が記録されています。 「責任と倫理のためのワシントン市民達」(Citizens for Responsibility and Ethics in Washington)と呼ばれる市民団体は16日、オバマ政権に対し、石炭会社の幹部のホワイトハウスへの訪問記録の公開を求める訴訟を起こしました。
  • 16日、数千人のイラン人が街頭で抗議運動を行いました。大統領選挙で落選したミール・ホセイン・ムーサヴィーを含む改革派の政治家が、12日に実施された選挙の投票を一部再集計するという、監督者評議会の提案を拒否したためです。16日にはテヘランで、アフマディネジャド大統領への賛否両論のグループが、競い合うように集会を開きました。一方、イランの治安部隊は、元副大統領のモハメッド・アリ・アブタヒやサイード・ハッジャリアン、人権擁護の弁護士として第一線で活躍するアブドルファッター・ソルタニなど、少なくとも3人の改革派の重要人物を逮捕しました。
  • 米国内最大の労働組合の一つ、ユナイト・ヒア(UNITE HERE)が厳しい勢力争いの末分割する数週間前に、同組合の委員長は本人とつながりの強い地方支部と外部団体宛に1200万ドルを超える資金を送金するように指示していました。複数の組合幹部によれば、ブルース・レイノア委員長は、送金する際には必要とされている同組合のジョン・ウィリヘム共同委員長からの承諾や承認を得ることなく資金を送金したということです。 幹部たちによれば、この資金は同組合から離脱したメンバーが組織する団体の財政支援に利用されました。
  • イラム・モンセラーテ上院議員が、またまた党を変えました。モンセラーテ氏は1週間前に、同じく民主党州議員でブロンクス出身のペドロ・エスパダ・ジュニアと共に、民主党に反旗を翻して共和党に同意する投票をしました。これにより州議会の主導権が少数派である共和党に移ったのです。しかし、気まぐれなモンセラーテ議員は15日、エスパダ議員を残して1人民主党に復帰、この復帰により州議会は、民主党と共和党の議員数が31対31と同数となり、完全なこう着状態となりました。どちらの党が議会を掌握するかという問題でさらなる混乱が続いています。
Syndicate content