« 前  

2009年5月19日(火)

  次 »
  • GQ誌は、米国によるイラク侵攻初期にドナルド・ラムズフェルド元米国防長官が当時のブッシュ大統領に対し、聖書からの引用で飾り立てた極秘の報告を繰り返し行っていたことを明らかにしました。ある報告書には、「あなたのしようとすることを主にゆだねよ。そうすればあなたの計画はゆるがない」という聖書からの引用の下にバクダッドにいる米軍兵の写真が掲載されていました
  • 米軍のならず者部隊によるグアンタナモ拘束者の虐待はあまり知られていない」 ジェレミー・スケイヒルの報告によると、オバマ政権はグアンタナモ米軍基地での悪名高い憲兵部隊の使用を続けており、彼らは非武装の収容者たちを集団暴行したり、骨を折ったり、目潰しを食らわせたり、化学薬品を浴びせたりといった虐待を日常的におこなっています。公式には緊急即応部隊として知られる同組織は、グアンタナモの収容者たちからは「過激弾圧部隊」と呼ばれています。人権弁護士らは同部隊の行動を違法であると言っています。
  • フリージャーナリストのジェレミー・スケイヒルが、1990年代におけるハイチの政情不安定化にクリントン元大統領が果たした役割を検証します。クリントンと顧問たちは、ジャン=ベルトランド・アリスティド大統領を追い出すこととなった、1991年の米国が支援したクーデタに対しては遺憾の意を示した一方で、同国の民主的に選ばれた国家元首の迅速な復帰を許しませんでした。実際、アリスティドの帰国は、第一に彼が強制追放された間に失った大統領任期の回復を要求しないこと、第二に米国の新自由主義経済政策がハイチの法律として確固たる地位を築くことの保障を米国政府が得て、初めて認められました。
  • グラミー賞授賞のソウル歌手ジョン・レジェンドはペンシルベニア大学の卒業式で次のように述べました。「イラク戦争からクレジッド・デフォルト・スワップ、ネットバブルと不動産バブルの崩壊まで、我々は何度も誇大広告に引っかかり、本当の真実を見てこなかった。我々はあまりにいつも無関心だ。我々は嘘、あいまいさ、ごまかしを目にしているのに、それを指摘できない。我々は計画を台無しにすること、波風を立てること、真実を追求することを恐れている」。
  • 5月19日、ジョージア州の死刑囚トロイ・アンソニー・デイビスの再審を求めるデモが米国各地で行われました。アフリカ系アメリカ人のデイビスは1989 年の白人警官殺害事件で有罪判決を受けました。公判以来、警察官ではない9人の証人のうち7人が証言を撤回しました。デイビスと事件現場をつなぐ直接的な物的証拠もありません。4月には連邦控訴裁判所がデイビスの再審を拒否し、30日間の執行猶予は5月16日に失効しています。
Syndicate content