« 前  

2009年2月17日(火)

  次 »
  • ペンシルバニア州で前代未聞の司法汚職事件が明らかになっています。民間経営の刑務所から金をうけとって未成年を送り込み収賄罪を認めた2人の元判事に対し、数百の被害者家族が集団訴訟を起こしました。マーク・シャバレラとマイケル・コナハン両元判事は、未成年の容疑者たちをPAチャイルド・ケアとその関連会社ウエスタンPAチャイルド・ケアによって運営される刑務所に送ることを請け合う代償として計260万ドルを受け取ったと言われています。保護観察官が反対したにもかかわらず収監された未成年者もいます。この悪巧みが始まった2002年以来、シャバレラの判決を受けた未成年者の数は約5000 人です。シャバレラによって判決を下された2人の若者と未成年法律センターのボブ・シュウォルツから話を聞きます。
  • 2月16日の放送では、ルワンダの専門家として世界の第一線で活躍していたアリソン・デス・フォージスの人生を振り返りました。フォージスは2 月12日にニューヨーク州のバッファロー付近で起きたコンチネンタル航空3407便墜落事故の犠牲者50 人のうちの一人でした。本日、17日は、もう一人の事故犠牲者、9・11同時多発テロの際、世界貿易センターで夫を亡くし、その後平和と9 ・11犠牲者のための運動家となった女性を紹介します。ビバリー・エッカートはボイシズ・オブ・セプテンバー・イレブンの共同議長で、平和な明日を求める 9・11 犠牲者家族会にも密接に協力していました。彼女の夫ショーンは、世界貿易センター南棟の98階にある企業で働いていて亡くなりました。
  • オバマ大統領は2月17日コロラド州デンバーで、 7870億ドルの景気対策法案に署名し成立させる予定です。大統領は2月18 日にはアリゾナ州フェニックスで住宅ローン危機に取り組み、差し押さえの激増を止める計画を開始すると見られています。メディアでは米国の経済状況についてさまざまな議論が繰り広げられていますが、世界の他の地域はどうなのでしょうか? ギリシア、グアドループ、イタリア、インドネシア、チリ、中国、エジプト、インドにいたるまで、世界中の国々が、1年以上前に米国で始まった不況の余波を感じています。マレーシアを拠点とする第三世界ネットワークの経済学者マーティン・コーから話を聞きます。

    ★ 字幕動画はこちら

Syndicate content