« 前  

2009年2月16日(月)

  次 »
  • 

 コンチネンタル航空3407便墜落事故で、米運輸安全委員会(NTSB)の調査官は12日、同機が非常に寒い天候だったニューヨーク州バッファロー付近で墜落する前に自動操縦になっていたことを発表しました。犠牲者の中にはルワンダ専門家として世界の第一線で活躍するデフォ-ジが含まれていました。デフォージは、ルワンダでのツチ人の虐殺開始から数週間後の1994年5月に、この虐殺を「ジェノサイド」といち早く断言しました。1999年には、ルワンダ大虐殺の優れた報告書と評価されている著書『Leave None to Tell the Story:Genocide in Rwanda(誰ひとり生かすな:ルワンダ大虐殺)』を出版しました。ヒューマン・ライツ・ウォッチのケネス・ロスに話を聞きました。

    ★ 字幕動画はこちら

  • 

 ヒューマン・ライツ・ウォッチのケネス・ロス代表は、オバマ大統領がブッシュ政権の方針を引き継ぎ、「国家機密の秘匿特権(State Secrets Privilege)」を行使して、ボーイング社の子会社がCIAの特例拘置引き渡しに協力したとする訴訟を阻止していると非難します。またロス代表は、ヒューマン・ライツ・ウォッチのイスラエル・パレスチナ問題の取り上げ方に対して向けられている批判に応答しました。
  • 

 アリ・マズルイは過去40年にわたりアフリカ学の権威として活躍し、フォーリン・ポリシー誌とプロスペクト誌は2005年の世界の知識人トップ100の1人に選出しました。 マズルイは、ネルソン・マンデラやガーナの初代大統領クワメ・エンクルマと会談し、インド首相と茶会を開き、リビアの元首ムアマル・カダフィと彼のテントの中で話し、英女王と会談しました。またイディ・アミン政権下のウガンダから強制退去を命じられた経験もあります。本日はパン・アフリカ主義者のアリ・マズルイ教授に話を聞きました。
Syndicate content