« 前  

2008年9月16日(火)

  次 »
  • 世界最大級の米投資銀行リーマン・ブラザーズとメリルリンチの二社の経営破たんを受け、9月16日も世界中で株価が急落を続けています。ダウ工業株 30種平均は9月15日、前週末比 504ドル安となり、1日の下げ幅として史上6番目を記録しました。「ウォールストリート・プロジェクト」を主宰する公民権運動指導者のジェシー・ジャクソン牧師から、今回の金融危機とバラク・オバマの歴史的な民主党大統領候補指名、アフガニスタンへの派兵拡大というオバマの公約について話を聞きます。

  • パキスタンの国境警備軍は9月15 日、パキスタン領域への米軍の襲撃を阻止したと報じられています。事件の詳細は明らかにされていませんが、匿名のパキスタン人諜報関係者によると、米軍兵たちがヘリコプターから降りてパキスタン国境を越えようとしたときに、パキスタン軍は国境付近の米軍ヘリコプターに向けて威嚇発砲を行いました。米軍はこの事実を否定しています。事件は米軍の無人機による数週間の空爆に続くもので、パキスタン国内における抗議の声を促しました。パキスタンと米国の危険をはらんだ関係を新たな視点で描いた新作The Duel: Pakistan on the Flight Path of American Power(『抗争:米軍の飛行経路にあるパキスタン』)を発表したタリク・アリから話を聞きます。

    ★ 字幕動画はこちら

Syndicate content