« 前  

2008年9月2日(火)

  次 »
  • ミネソタ州セントポールで行われている共和党大会の初日に280人以上が身柄を拘束されました。280 人の中には、街頭での抗議デモを取材していた「デモクラシー・ナウ!」のエイミー・グッドマンと2人のプロデューサーらジャーナリスト数名が含まれていました。エイミーは2人のプロデューサー、シャリフ・アブドゥル・クドゥースとニコール・サラザールの拘束について警官たちに問いただそうとして身柄を拘束されました。
  • ミネソタ州の民主党議員キース・エリソンは今週地元、ツインシティーズ(ミネアポリスとセントポール)に戻り、共和党大会の抗議者たちとジャーナリストに対する警察の扱いに目を光らせています。エリソンから話を聞きます。

  • 9月1日にニューオーリンズ西の湾岸に上陸したハリケーン「グスタフ」は、現在までに勢力を弱め熱帯低気圧になりました。しかし、ナショナル・ハリケーン・センターでは、グスタフがルイジアナ州中心に移動するにつれ、依然として洪水の恐れがあるとしています。また予報によると、もう一つのハリケーン「ハンナ」が今週半ばまでに米国南東部に上陸する可能性があります。ニューオーリンズで取材しているインディペンデント・ジャーナリスト、ジョーダン・フラハーティから話を聞きます。
  • 全米法律家ギルド・ミネソタ州支部のジーナ・バーグランドが、ジャーナリストをも標的にし、街頭で過大な勢力を行使する警察の戦術について語ります。9月1日の共和党大会での抗議デモの最中に、暴動鎮圧用の装備をした警官たちはゴム弾、催涙ガス、唐辛子スプレー、衝撃手榴弾を抗議者とジャーナリストに向けて発射しました。

  • 全米のメディアは先週、デンバーで行われていた民主党大会の一大スペクタクルを執拗なまでに報道していましたが、その一方で全米で最も影響力のある保守派たちは、共和党の副大統領候補サラ・ペイリンをよく知るためにミネアポリス中心地のホテルに密かに集まっていました。ネイション誌のマックス・ブルーメンソールから話を聞きます。ホテルに集まったのは、長期的行動戦略を立てる保守派首脳陣と裕福な右派資金供与源を結ぶ、非常に限定的な秘密結社、国家政策会議(カウンシル・フォー・ナショナル・ポリシー)のメンバーでした。
  • 共和党大会が行われているミネソタ州セントポールの街頭で9月1日、反戦イラク帰還兵の会のメンバー100人以上が集まり、党大会会場まで反戦デモの行進を行いました。ビッグ・ノイズ・フィルムズのジャッキー・ソーヘンが撮影した映像を放送します。

  • デモクラシー・ナウ!のスタジオで、「反戦イラク帰還兵の会 (IVAW) 」のジェフリー・ミラード・ワシントンDC支部長、「自由への帰還兵」のデヴィッド・ベラヴィア副議長、「勝利への帰還兵」グループのスティーブ・ラッセル会長兼創立者が議論を戦わせます。
Syndicate content