« 前  

2008年8月25日(月)

  次 »
  • 民主党大会が開かれる会場周辺での抗議デモをレポートするため、デモクラシー・ナウ!特派員のジェレミー・スケイヒルがデンバーへ向かいました。反戦活動家のシンディ・シーハンや緑の党の大統領候補シンシア・マッキニー、ベトナム戦争退役軍人のロン・コビック、ヒップホップグループ「Dead Prez(デッド・プレズ)」のM1、全米最大の反戦組織「平和と正義のための連合(UFPJ、United for Peace and Justice)」のレスリー・ケーガンらを取材しました。
  • 米デンバーで民主党大会が開幕するのにあわせ、ハーパーズ誌の発行人リック・マッカーサーに新著『あなたは大統領になれない』について話を聞きました。マッカーサーは、米国人ならば誰でも大統領になることができるという一般通念は「草の根からわきあがり、広くゆきわたった真の大衆民主主義が、政治的にも経済的にも、米国には実際に存在しているという破滅的な国民的思い込み」を強固にするだけであり、そう考えることは、サンタクロースが実在すると信じることと同じだと述べます。 ★ 字幕動画はこちら

  • 民主党代議員数千人に加え、ジャーナリストや全米からの抗議行動の参加者たち数千人も、民主党の党大会が行われるデンバーに先週末のうちに集結しました。抗議行動の参加者らの発言を聞き現地からレポートするデモクラシー・ナウ!特派員のジェレミー・スケイヒルと話しました。
  • 米民主党大会について、路上での抗議活動だけではなく、スイートルームで行われるパーティーについても取り上げます。党大会期間中、1200以上のパーティーが開催される予定ですが、真っ先に開催されたのがAT&T社によるものです。同パーティーは、令状無しの国内盗聴に協力した AT&Tの免責決議に賛成票を投じた民主党議員を支援するために行われました。Salon.comのグレン・グリーンウォルドによる分析も聞きました。

  • 民主党のバラク・オバマ候補が副大統領候補に指名したバイデンについては、彼の外交政策経験に対して関心の多くが集まっています。バイデンは上院外交委員会の委員長を務めています。2002年にはイラク侵攻を承認する法案に賛成しました。その後、バイデンはブッシュ大統領のイラク政策やいわゆる「掃討作戦」を一貫して批判する立場に転じました。
Syndicate content