« 前  

2008年8月21日(木)

  次 »
  • 米テキサス州では8月21日夜、35歳の男性囚人に対して、本人が実行したのではない殺人の罪での死刑が執行されることになっています。ジェフ・ウッドは 21日午後6時、テキサス州知事リック・ペリーが死刑執行の停止を許可しない限り、薬物注射によって死を迎えることになります。ウッドは、1996年に起きたコンビニエンスストア強盗の共犯者でした。コンビニの店員が撃たれ殺されたとき、ウッドは店の外のトラックの中にいました。実際に銃を撃った男は6年前に死刑が執行されましたが、テキサス州法の「当事者法」により、ウッドにも同じ死刑判決が下されました。彼が死刑を待つ刑務所の外で、ジェフ・ウッドの妻、母親、そして父親に話を聞きます。テキサス州の死刑廃止を求めてキャンペーン活動を行っているリリアナ・セグラにも話を聞きます。
  • グルジア紛争に関連し、米国・ロシアの関係が緊迫しています。8月19日、北大西洋条約機構(NATO)外相が、ロシアがグルジアからすべての兵士を撤退させない限り公式交渉を打ち切ると表明した直後、ブッシュ大統領はグルジアに対する支持を表明しました。非営利組織ニュー・アメリカ・ファンデーションの武器と安全保障局局長ウィリアム・ハータングに話を聞きます。

  • ニューヨーク市は、52人の反戦活動家グループに対し、200万ドルを支払うことに同意しました。活動家らは2003年、カーライル・グループ本社前で暴力に訴えない方法で反戦運動を行っていたにもかかわらず集団逮捕されました。この事件の原告の一人サラ・クンスティールに話を聞きます。
Syndicate content