« 前  

2008年8月4日(月)

  次 »
  • 2001年10月に米国で炭疽菌入りの郵便物が政府機関などに送付され、5人が死亡した事件で、米連邦捜査局(FBI)が主要容疑者としていた政府研究機関の科学者ブルース・アイビンスが前週、自殺しました。アイビンスはメリーランド州フォート・デトリックにある陸軍感染症医学研究所のエリート研究員で、炭疽菌の軍事利用に関し、米国内でトップレベルの専門家の一人でした。しかしFBIの容疑に対しては、多くの同僚たちから強い疑問の声が挙がっています。同じく炭疽菌の専門家メリル・ナスと、ブロガーのグレン・グリーンウォルドに話を聞きました。

  • 著名な銃規制活動家が、実は全米ライフル協会と銃ロビー団体のスパイだったことを、米隔月誌「マザー・ジョーンズ」が暴露しました。この女性、メリー・ルー・サポーンは過去10年にわたり、銃による暴力の防止を目指す主要な団体のほとんどすべておいて、積極的に活動しようと画策してきました。結婚前はメリー・マックフェイトとして知られたサポーンは、2000年の「ミリオン・マム・マーチ(100万人の母親行進)」の主催に関わり、銃規制団体「States United to Prevent Gun Violence(銃による暴力防止のために団結する合衆国)」のロビー活動を監督しました。この暴露報道に関わったジャーナリストのジェームズ・リッジウェイと、サポーネと共に活動したことのある「States United to Prevent Gun Violence」のバーバラ・ホールトに話を聞きました。
  • 米連邦通信委員会(FCC)は、ケーブルTV大手コムキャストが一部の加入者のインターネット通信を妨害し、連邦政策を侵害しているとして、同社にネットワーク管理方法の変更を命じました。この件に関するFCCへの申し立てを支援したメディア改革推進団体「フリープレス」のクレイグ・アーロンに語ってもらいました。

Syndicate content