« 前  

2008年2月

  次 »

2008/2/29(金)

  • 2008年2月29日ヘッドライン
  • 独占放送 The Three Trillion Dollar War(3兆ドルの戦争) ノーベル経済学賞受賞のジョセフ・スティグリッツとハーバード大経済学者リンダ・ビルムズがイラク侵攻と駐留経費の真実を語る

2008/2/28(木)

  • 2008年2月28日ヘッドライン
  • 反戦主張にもかかわらずクリントンもオバマもイラクにおける米軍傭兵の使用および米軍の長期駐留を容認 ジェレミー・スケイヒルが報告
  • 元スピーチライターで親友のビンセント・ハーディングが語る マーティン・ルーサー・キングの勇気ある(そして知られざる)反戦・経済的正義のための活動
  • ウィリアム・F・バックリー死去 享年82 1969 年のノーム・チョムスキーとのベトナム戦争討論を振り返る

2008/2/27(水)

  • 2008年2月27日ヘッドライン
  • 【08年米大統領選】クリントン、オバマ両候補、3月4日の「決戦」前に最後のテレビ討論
  • テキサス州 「国境壁に空いた穴」 ブッシュ政権と関係持つ富豪の土地には壁を建造せず
  • 『水色の誓約』:活動家モード・バーロウが、「ウォーター・ジャスティス(水に関する正義)」を巡るグローバルなムーブメントを語る

2008/2/26(火)

  • 2008年2月26日ヘッドライン
  • 「『闇』へ」にアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞 「テロとの戦争」下の米軍による「拷問」を告発
  • ノーム・チョムスキー講演 大統領選でのイラク戦争議論の不在を批判

2008/2/25(月)

  • 2008年2月25日ヘッドライン
  • 米国による協力のもと続くトルコによるイラク侵攻
  • バラク・オバマの外交政策顧問サマンサ・パワーが語る 米国防総省予算増を主張するオバマの意図、ウゴ・チャベス、イラク占領への資金提供、パキスタンへの攻撃
  • サマンサ・パワーが再び著書Chasing the Flame: Sergio Vieira de Mello and the Fight to Save the World(炎を追って;セルジオ・ヴィエイラ・デ・メロと世界を救う戦い)を語る

2008/2/22(金)

  • 2008年2月22日ヘッドライン
  • マケインのロビー活動スキャンダルの背景 連邦通信委員会をいかにパクソン・コミュニケーションズ社の意向に添わせるよう働きかけたか
  • ベオグラードからの報告 コソボ独立に抗議してセルビアの米大使館を焼き討ち
  • サマンサ・パワーとジェレミー・スケイヒルが討論 バルカン半島での米国の行動 コソボ独立 イラク制裁と人道的介
  • サマンサ・パワーが新作Chasing the Flame: Sergio Vieira de Mello and the Fight to Save the World(炎を追って;セルジオ・ヴィエイラ・デ・メロと世界を救う戦い)を語る

2008/2/21(木)

  • 2008年2月21日ヘッドライン
  • カントリー界の大御所ウィリー・ネルソンが語るファーム・エイド、バイオディーゼル燃料、アウトロー・カントリー音楽、マリファナに関する法律、ブッシュ大統領弾劾、9.11の攻撃

2008/2/20(水)

  • 2008年2月20日ヘッドライン
  • グアンタナモ特別軍事法廷、国防総省が「全て有罪に」と指示 同法廷の元主任検察官が明かす
  • 日系二世の人権活動家ユリ・コウチヤマが語る 第二次大戦中の米国日系人収容所での捕虜生活 マルコムXの暗殺

2008/2/19(火)

  • 2008年2月19日ヘッドライン
  • キューバ カストロが引退を表明
  • 【08年米大統領選】ウィスコンシン州予備選、民主党は激戦か
  • パキスタン故ブット元首相の姪(めい) コラムニストのファティマ・ブット 総選挙で大勝のブット氏野党も「不正」と批判
  • コソボ独立:本物の民主化か、米・NATO軍拡張の隠れみのか?

2008/2/18(月)

  • 2008年2月18日ヘッドライン
  • 接戦 民主党大統領候補選び 選挙献金と個人的見解は特別代議員投票に影響するのか?
  • ブッシュ大統領 5カ国歴訪でアフリカ大陸における米軍拡大目指す
  • http://www.democracynow.org/2008/2/18/in_africa_bush_touts_record_aids
  • 米大学院の学生ら 米軍がグアンタナモで尋問の様子を撮影と発表

2008/2/15(金)

  • 2008年2月15日ヘッドライン
  • 潜在的危機に備える大統領暗殺未遂後の東ティモール
  • V-Dayはヴァレンタインデーだけじゃない 公演10周年の「ヴァギナ・モノローグ」作者イヴ・エンスラー ニューオリンズと湾岸地区南部の女性への暴力を語る
  • サービス従業員国際組合(SEIU)内部で指導権をめぐって対立 米国最大規模の労働組合の行方は?

2008/2/14(木)

  • 2008年2月14日ヘッドライン
  • 米脚本家協会 勝利の宣言 14週間にわたるストライキ終結
  • 「ビタースウィートなチョコレート経済」:貪欲・怠慢さを指摘されるカカオ業界 コートジボアールから
  • スィオ・チョコレート社社長・創立者のジョー・ウィニーが語る フェアトレードのカカオ
  • 人権活動家らがダイアモンド大手レヴィエフのボイコットを呼びかける パレスチナ西岸のイスラエル人居住区拡大とアフリカにおける人権侵害に抗議

2008/2/13(水)

  • 2008年2月13日ヘッドライン
  • メリーランド州のもうひとつの予備選 下院議員選挙の民主党予備選で反戦候補ドナ・エドワーズが現職8期アルバート・ウィン議員を破る
  • 作家でジャーナリストのマイケル・ポーラン 「食を擁護」する 栄養素重視、食品科学の信頼、アメリカ人の食習慣を批判

2008/2/12(火)

  • 2008年2月12日ヘッドライン
  • 9.11同時テロ容疑者への死刑求刑につきまとう 拷問の実態や、デュープロセスへの懸念
  • ディスカバリーチャンネル「政治的検閲」に批判 米国の拷問を取り上げたアカデミー賞ノミネート作品 『「闇」へ』放送中止で
  • ノーベル平和賞受賞「貧者の銀行」家、ムハマド・ユヌス マイクロクレジットへの批判に答え、 グローバルな貧困へのブッシュ政権の悪影響を語る

2008/2/11(月)

  • 2008年2月11日ヘッドライン
  • 2万3000人以上の民間企業代表がFBIと国土安全保障省に協力
  • 在ボリビア米国大使館 ボリビア滞在のベネズエラ人とキューバ人の偵察をフルブライト奨学生と平和部隊ボランティアに要
  • レポート:米国、ボリビアの反体制組織に資金援助
  • 特報:エクアドルのラファエル・コレア大統領が語る対シェブロン訴訟と外債解消、「エクアドルはもう売り物ではない」と言う理由

2008/2/8(金)

  • 2008年2月8日ヘッドライン
  • 共和党保守派はマケインを支持するか? ロムニー撤退で党指名候補になるのは確実に見えるが
  • クリントンとオバマの違い サブプライム危機、国民健康保険、社会保障制度民営化、そして核エネルギー

2008/2/7(木)

  • 2008年2月7日ヘッドライン
  • オバマ・クリントン両候補が拮抗 カギを握るのは代議員と「スーパー代議員」
  • 9.11調査委員会と拷問:9.11調査委報告書に記された水責め・過酷な尋問による情報収集のやり方
  • 特報 9.11調査委員会事務局長のフィリップ・ゼリコウ、カーフ・ローブとホワイトハウスが9.11の調査に影響を及ぼせるよう密かに取りはからった疑惑

2008/2/6(水)

  • 2008年2月6日ヘッドライン
  • スーパーチューズデー: 民主党オバマ、クリントンは互角の戦い マケインは最有力候補を宣言
  • 討論スーパーチューズデー  <参加者> ・ウェブサイト「ザ・ブラック・コメンテーター」のビル・フレッチャー ・社会学者フランシス・フォックス・ピヴェン ・メディア機関「ニュー・アメリカ・メディア」のロベルト・ロバート ・市民団体「プログレッシブ・デモクラッツ・オブ・アメリカ」のティム・カーペンター

2008/2/5(火)

  • 2008年2月5日ヘッドライン
  • スーパーチューズデー:米大統領選史上最多の州で同日投票
  • NYタイムズ紙記者フィリップ・シェノン 新著”明かされた9.11同時テロ調査の実態” 「911委員会ゼリコウ事務局長の目的は政権への批判最小化だった」

2008/2/4(月)

  • 2008年2月4日ヘッドライン
  • 「一匹狼の神話」 マット・ウェルチが語る共和党候補首位のジョン・マケイン
  • 元民主党下院議員シンシア・マッキニー 緑の党の大統領候補指名を模索

2008/2/1(金)

  • 2008年2月1日ヘッドライン
  • 民主党の指名争いは二分するラテン系の票がカギ
  • Taxi to the Dark Side(「闇」へ) アカデミー賞候補ドキュメンタリーが描く「対テロ戦争」の下の米国の虐待
Syndicate content