« 前  

2007年9月18日(火)

  次 »
  • - エルバラダイIAEA事務局長 イラン攻撃論をけん制「核兵器開発の証拠は一切ない」 - ブッシュ大統領 新司法長官にマイケル・ムケージー元連邦地裁判事を指名 - ブラックウォーター イラクでの事業許可取り消しへ 市民11名殺害で - グリーンスパン前FRB議長「イラク戦争なければ石油価格はさらに高騰」 - 米アイオワ州民主党指導部 クシニッチとグラベル両候補を民主党大統領候補集会から排除 - 温暖化活動家2人が北極から南極まで縦断の旅
  • 9月20日、数千の人々がルイジアナ州ジーナに集い、6人の黒人高校生に対する起訴に抗議してデモ行進を行う予定です。先週、ルイジアナ州控訴審は、17歳のマイケル・ベルに対する有罪評決を却下しました。ベルは20日には第二級加重暴行とその共謀の罪で有罪判決の言い渡しが見込まれていました。彼は、9万ドルにのぼる保釈金を支払うことができず、今年の1月から収監されていました。彼の弁護士のルイス・スコットに話を聞きます。
  • 米民間軍事会社ブラックウォーターが銃撃戦でイラク市民11人を殺害した事に対して、イラク政府は国内での事業許可を取り消すことを発表しました。『Blackwater: The Rise of the World's Most Powerful Mercenary Army(ブラックウォーター:世界最強の傭兵軍の勃興)』の著者ジェレミー・スケイヒルが、民間軍事企業の業界団体である国際平和活動協会(IPOA)の代表ダグラス・ブルックスと議論しました。
Syndicate content