2017年のノーベル平和賞受賞者 北朝鮮との交渉と平行で米国も今こそ核廃絶をするとき

マイク・ポンペオ米国務長官は10月第1週末、北朝鮮の平壌で金正恩委員長と、核軍縮へのさらなる前進を意図した会談を行いました。ポンペオはこの会談を成功と呼び、双方が金正恩委員長とドナルド・トランプ大統領の2度目の首脳会談に向けての詳細に合意するのに「非常に近付いた」と述べました。彼はさらに記者団に対し、金委員長が、北朝鮮が6回の核実験を行ったミサイルエンジン実験場と核実験場に国際査察団を受け入れることに合意したと話しました。しかし、ポンペオは北朝鮮が核兵器の燃料を生産している施設に査察団を受け入れるかどうかについては言及しませんでした。2017年にノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の事務局長であるべアトリス・フィンに、朝鮮半島の進行中の交渉、米国の核保有量、世界的な核兵器禁止への道のりについて話を聞きます。彼女は、ニュースクール大学で10月9日の夜に行われる「ネイション・インスティテュート」(Nation Institute)の第3回ジョナサン・シェル講演会でFate of the Earth (『地球の運命』)について話すためにニューヨークに来ています。

最近のニュース

2018/12/11(火)

  • 「私たちの指導者たちは子供のように振舞っている」 十代の気候活動家が国連気候サミットで世界の指導者と対峙
  • 気候のための学校ストライキ:世界的な運動を触発した15歳の活動家グレタ・トゥーンバーグにインタビュー
  • 気候科学者 「地球規模の大惨事を防ぐため世界の富裕諸国はライフスタイルを根本的に変える必要がある」

2018/12/10(月)

  • 特別検察官ムラーの捜査でトランプ企業の起訴はありうる マーシー・ウィーラー記者
  • ポーランドの石炭都市で国連気候会議(COP24) 抗議に参加した数千人が機動隊や脅しに直面
  • 石炭による気候変動促進と健康被害が懸念されるなか ポーランド政府がCOP24で石炭を促進
  • 「恥を知れ!」 トランプ政権の化石燃料推進イベントをデモ隊が妨害 国連気候会議(COP24)で

2018/12/7(金)

  • ウィノナ・ラデューク ミネソタ州のパイプライン拡大に抵抗するなか 先住民主導の「グリーン・ニュー・ディール政策」を呼びかけ
  • パイプライン建設に伴う先住民の地における多大な犠牲:ウィノナ・ラデュークの語る行方不明になり殺害された先住民女性
  • プログレッシブ・インターナショナル:ヤニス・バルファキスとバーニー・サンダースが極右に対する新たな世界規模の活動を始動

2018/12/6(木)

  • 潜入 監視 再教育のための収容施設: イスラム教徒ウィグル族への迫害で 中国に批判
  • 『他者の沈黙』: 新作映画が警告 スペインはファシストに支配された過去を繰り返そうとしている

2018/12/5(水)

  • 「議会クーデターだ」 共和党優位のウィスコンシン州議会が民主党知事就任目前に土壇場の権力奪取
  • 虚偽証言と大規模な米国のプロパガンダマシンがブッシュ・シニアのイラク戦争をいかにして支えたか