イブ・エンスラー:カバノー支持の白人女性は「サバイバーの側に立ち最高裁入りに反対を」

最高裁判事に指名されたブレット・カバノーの承認をめぐり上院議会は投票手続きに入っていますが、反対の声がアメリカ全土で大きくなっています。10代のときカバノーにレイプされそうになったと訴えるクリスティン・ブラジー・フォード博士の告発を受け、FBIが新たに捜査を行いましたが、その結果を閲覧する機会が上院議員たちに与えられてから、まだ1日しか経っていないのです。4日には連邦議会議事堂前でカバノーに反対する大規模な座り込みが行われ、300人以上の抗議者が逮捕されました。カバノーは複数の女性から性的暴行や非行を告発されています。それでも上院は、本日の午前中にカバノー承認に向けた重要な手続き上の投票を行う予定です。最終的な承認投票は6日に行われる見込みです。決定の鍵を握るのは、まだ賛否を表明していない4人の上院議員の投票行動です。すなわち共和党の3議員、メイン州のスーザン・コリンズ、アリゾナ州のジェフ・フレーク、アラスカ州のリサ・ムルコウスキと、民主党の議員ウエストバージニア州のジョー・マンチンです。この問題について、受賞歴のある劇作家で『バギナ・モノローグ』の著者イブ・エンスラーに話を聞きます。彼女はまた、女性や女児に対する暴力に反対する運動「Vデー」の創始者でもあります。最近は『タイム誌』に、〝A Letter to White Women Who Support Brett Kavanaugh″(「カバノーを支持する白人女性への手紙」)という記事を寄稿しました。エンスラーはカバノー指名の展開を見守る性的暴行サバイバーに対し、こう語りかけます。「あなたの苦痛は重要な問題です。あなたの経験も、あなたを苦しめてきたトラウマも無視されるべきではない。あなたが自身でその経験の傷を癒やそうとしているように、あなたを支え、愛し、抱き留めてくれる人は、私たちのなかにたくさんいます。」

最近のニュース

2019/11/13(水)

  • パート1:裁かれる 民主主義:ビル・モイヤーズが語る、トランプ大統領の弾劾調査・公聴会を公共放送がプライムタイムに放送すべき理由
  • パート2:ビル・モイヤーズ 弾劾を語る:大統領は皆、嘘をつくが、トランプは「嘘つきの文化」を生み出した
  • クーデタ?エボ・モラレスの辞任につながったボリビアの政治危機について討論

2019/11/12(火)

  • 「土壇場の民主主義」ブラジルでのルラの釈放はボルソナーロ大統領への抵抗運動の勝利
  • 現金保釈の廃止と司法制度改革を公約したチェサ・ブーダンがサンフランシスコ地方検事選で勝利
  • 「シアトルは売りものではない」有権者によるアマゾン社への不満表明 社会主義者クシャマ・サワント再選

2019/11/11(月)

  • 「これは軍事クーデターだ」 ボリビアのエボ・モラレス大統領が軍の要求に応じて辞任
  • エリザベス・ウォレンが語る 環境正義 パイプラインの閉鎖 資本主義と大富豪

2019/11/8(金)

  • 史上初の環境正義をめぐる大統領候補者討論会にウォーレン、ブッカー、ステイヤーなどが参加
  • 「民主党全国大会まで待つ余裕はない」黒人議員が環境正義フォーラムを開催した理由
  • オレンジバーグ虐殺事件の追悼:1968年に警察が3人の武器を持たない黒人学生を射殺

2019/11/7(木)

  • 長期政権だったブーテフリカ大統領を辞任に追い込んで数か月 アルジェリアでは抗議デモが続く
  • 元ツイッター社員 サウジのスパイ活動関与で告発される サウジの反体制派弾圧強化の一環
  • 『花粉を運ぶものたち』:ミツバチ群の減少で食物連鎖の崩壊が起こる可能性を示唆する映画