蔓延の根源:パーデュー・ファーマ社はオピオイド乱用を1996年に認識しながら隠蔽

ニューヨークタイムズ紙の報道により、オキシコンチン(オピオイド系鎮痛剤オキシコドンの商品名)の製造業者は、上市の初年度である1996年から依存性の高さを認識していたことが発覚しました。ニューヨークタイムズ紙が今週掲載した司法省の部外秘の報告書によれば、パーデュー・ファーマ社幹部たちは、オキシコンチンの錠剤を粉砕して鼻から吸引することによって強烈な麻薬作用が得られると知らされていたにもかかわらず、他のオピオイド系鎮痛剤に比べて依存性が低いという販売促進活動を続けていました。パーデュー・ファーマ社幹部たちは、上市の数年後まで同薬の乱用が広がっていることに気づかなかったと議会で証言していたため、この報告書はとりわけ破壊力があります。現在、医薬品の過剰摂取は50歳未満の米国人の死因のトップになっています。トランプ大統領は5月29日にオピオイド依存に関連する数字は「減少傾向にある」と主張していましたが、最新の統計は、トランプ政権の最初の一年でオピオイド関連の死亡件数や過剰摂取は増えていたことを示しています。米国疾病管理予防センター(The Centers for Disease Control and Prevention)によると、オピオイドが関与した薬の過剰摂取による死亡件数は、2017年10月末までの12か月間で4万6000件にまで上昇し、2016年10月までの数字を約15%上回っています。蔓延の拡大によって、米国人の平均寿命がここ50年間ではじめて短縮に転じています。ニューヨークタイムズ紙に、"Origins of an Epidemic: Purdue Pharma Knew Its Opioids Were Widely Abused"(「蔓延の根源:パーデュー・ファーマ社はオピオイドが広く乱用されていることを知っていた」)と題した記事を発表したバリー・メイヤー記者に話を聞きます。メイヤー記者はニューヨークタイムズ紙で30年間近く働き、オキシコンチンの乱用に初めて全国的な注目を集めたジャーナリストです。著書Pain Killer: An Empire of Deceit and the Origin of America’s Opioid Epidemic(『ペインキラー:詐欺の帝国とアメリカのオピオイド蔓延の根源』)は今週、増補版が発売されました。

最近のニュース

2018/6/15(金)

  • 弁護士:セッションズ司法長官の家庭内暴力被害者移民への攻撃は米国を「暗黒時代」へ引き戻す
  • 手厳しい国連報告書:トランプ政権の政策は貧困と格差を悪化させる企て
  • ウィリアム・バーバー牧師:米国の医療保険や貧困政策は不道徳で民主主義を脅かす
  • ウィリアム・バーバー牧師:セッションズ長官が宗教を使って家族分離を正当化するのは「異端」

2018/6/14(木)

  • テキサス・メキシコ国境におけるトラウマ:家族がバラバラにされ 子どもたちが拘束される事態に 住民が立ち上がる
  • 米政府に違法に拒否された亡命希望者に 米・メキシコ両国の住人が救いの手を差し伸べる
  • 拘留センターが満員で トランプは軍基地にテントを設営し移民の子ども達の拘束を検討

2018/6/13(水)

  • 人道上の大惨事:米国が支援するサウジ有志連合軍がイエメンの港を攻撃 100万人が危機に
  • 「ジム・クロウ人種差別法時代の遺物」:オハイオ州の有権者削除を支持する最高裁の決定をアリ・バーマンが批判
  • 特別レポート:人種差別と貧困に対抗する新「貧者の運動」の街頭から
  • 宗教指導者ら最高裁判所の外で抗議の祈りをささげた後 足かせをはめられ留置所に一晩留め置き

2018/6/12(火)

  • 金正恩との歴史的な首脳会談でトランプが朝鮮半島の「挑発的な」戦争ゲームの終結を約束
  • 朝鮮半島の新たな日 クリスティーン・アンが非核化の約束と新和平交渉を称賛
  • ブルース・カミングス教授:第二次世界大戦のドイツと日本よりさらに破壊的損傷を与えた米国の北朝鮮空爆
  • ロー・カンナ民主党下院議員 米朝首脳会談がオバマ政権下で起きていたら民主党議員たちは喝采しただろう

2018/6/11(月)

  • 1日に123人が死亡 米国で上昇する自殺率 公衆衛生の危機に迫る
  • 「真実はどんな音か」 新著出版のマイケル・エリック・ダイソンに聞く ロバート・F・ケネディ ジェームズ・ボールドウィン 米国の人種問題
  • マイケル・エリック・ダイソンに聞く NFLの抗議 マルコム・ジェンキンス 人種問題について米国の黒人に耳を傾けるということ