蔓延の根源:パーデュー・ファーマ社はオピオイド乱用を1996年に認識しながら隠蔽

ニューヨークタイムズ紙の報道により、オキシコンチン(オピオイド系鎮痛剤オキシコドンの商品名)の製造業者は、上市の初年度である1996年から依存性の高さを認識していたことが発覚しました。ニューヨークタイムズ紙が今週掲載した司法省の部外秘の報告書によれば、パーデュー・ファーマ社幹部たちは、オキシコンチンの錠剤を粉砕して鼻から吸引することによって強烈な麻薬作用が得られると知らされていたにもかかわらず、他のオピオイド系鎮痛剤に比べて依存性が低いという販売促進活動を続けていました。パーデュー・ファーマ社幹部たちは、上市の数年後まで同薬の乱用が広がっていることに気づかなかったと議会で証言していたため、この報告書はとりわけ破壊力があります。現在、医薬品の過剰摂取は50歳未満の米国人の死因のトップになっています。トランプ大統領は5月29日にオピオイド依存に関連する数字は「減少傾向にある」と主張していましたが、最新の統計は、トランプ政権の最初の一年でオピオイド関連の死亡件数や過剰摂取は増えていたことを示しています。米国疾病管理予防センター(The Centers for Disease Control and Prevention)によると、オピオイドが関与した薬の過剰摂取による死亡件数は、2017年10月末までの12か月間で4万6000件にまで上昇し、2016年10月までの数字を約15%上回っています。蔓延の拡大によって、米国人の平均寿命がここ50年間ではじめて短縮に転じています。ニューヨークタイムズ紙に、"Origins of an Epidemic: Purdue Pharma Knew Its Opioids Were Widely Abused"(「蔓延の根源:パーデュー・ファーマ社はオピオイドが広く乱用されていることを知っていた」)と題した記事を発表したバリー・メイヤー記者に話を聞きます。メイヤー記者はニューヨークタイムズ紙で30年間近く働き、オキシコンチンの乱用に初めて全国的な注目を集めたジャーナリストです。著書Pain Killer: An Empire of Deceit and the Origin of America’s Opioid Epidemic(『ペインキラー:詐欺の帝国とアメリカのオピオイド蔓延の根源』)は今週、増補版が発売されました。

最近のニュース

2019/5/21(火)

  • 拘束し虐待し医療処置を与えない トランプの移民政策が招く国境での児童死亡
  • ジェニファー・ハーベリー 「グアテマラ人児童の国境での死は数十年にわたる米国支援の大虐殺に根差している」
  • 投獄されたサウジの女性解放活動家ルジャイン・アル=ハズルールの家族 「彼女は水責め、むち打ち、電気ショックによる拷問を受けた」

2019/5/20(月)

  • 嘘だらけのジェネリック医薬品 FDAの不十分な監督と業界ぐるみの不正が患者の健康を脅かす

2019/5/17(金)

  • 州新法により中絶施術で99年の禁固刑となる可能性のあるアラバマの医師
  • 中絶容認最高裁判決が覆された場合の米国の姿とは?反中絶法続出ですでに実体験者も
  • 移民保護活動家マル・モーラ・ビリャルパンドとラヴィ・ラグビア 国外追放の脅威にも屈せず声を上げ続ける

2019/5/16(木)

  • 「シリア秘密刑務所の内側」:反対派を鎮圧したアサドの拷問機関への悲惨な証言
  • 米環境保護庁が除草剤ラウンドアップは安全と主張するも 陪審はモンサントに20億ドルの賠償金を命じる
  • プラスチック汚染削減に世界各国が大きな一歩を踏み出すも 米国は参加を拒否

2019/5/15(水)

  • アラバマ州、妊娠中絶の権利を認めた連邦最高裁判決を覆す「ステルス キャンペーン」の一環として、ほぼすべての中絶の禁じる法案を可決
  • 脅迫と送電停止にもかかわらず、首都ワシントンD.C.のベネズエラ大使館内にとどまる反クーデター活動家たち
  • メディア・ベンジャミン:イランとの戦争に反対するために反戦運動の構築が必要
  • 独裁政権打倒後、スーダンの抗議運動は軍政から民政への移管を要求