流産後の「恐ろしい試練の中」胎児の遺体埋葬を強制されたテキサスの母親 

先週、米国控訴裁判所は、現副大統領のマイク・ペンスがインディアナ州知事時代に署名した、胎児の遺体の埋葬または火葬を義務づけるインディアナ州法を違憲とする裁決を出しました。この判決は、テキサス州が昨年、すべての死亡した胎児の埋葬あるいは火葬を義務づけ、研究目的のため胎児組織を寄贈することを禁止する法律を可決したことを受けて審理されたものです。今年1月、米連邦地方裁判所のデイビッド ・アラン・エズラ判事は「胎児遺体法」(fetal remains law) を一時的に差し止めましたが、テキサス州司法長官ケン・パクストンは法の執行を求めて戦いを続けると表明してきました。テキサス州オースティンのシートン・メディカル・センターで2015年に流産したブレイク・ノートンに話を聞きます。彼女は、胎児の遺体を病院の手で共同墓地に埋葬するか、 自らの費用負担で「私的埋葬」をするか選ぶよう強要されたのです。加えて、テキサス・オブザーバー紙の記者、ソフィー・ノバックにも参加してもらいます。ブレイク・ノートンについて書いた彼女の特集記事の見出しは「ごり押し:オースティンのカトリック病院が流産した患者に、胎児の埋葬への同意を強要。悲しい喪失を経験した女性に、さらに苦痛。これが間もなく、テキサス全州に広がりかねないかという恐れ(“Indoctrinated: A Catholic hospital in Austin forces patients who miscarry to consent to fetal burials. For one woman, that made a painful loss even worse—and she worries it could soon become routine across Texas.”)です。

最近のニュース

2018/9/21(金)

  • 新作『華氏11/9』でマイケル・ムーアがトランプ大統領と対決 民主主義の危機を警告
  • トランプ大統領 1998年にトーク番組『ロザンヌ・ショー』でのインタビューで自分を題材にした映画を制作しないようマイケル・ムーアに警告
  • マイケル・ムーア「民主党が2016年にトランプ氏をもっと真剣に受け止めなかったのは致命的なミス」
  • マイケル・ムーア「我々はヒトラーを権力の座に就かせた『良きドイツ人』のようになるのか」

2018/9/20(木)

  • ブラジー・フォードの弁護人:FBIによるカバノー素性調査には レイプ未遂告発への調査も含まれるべき
  • 右派活動家ネットワークが カバノーへの中絶に関する質問を「反宗教的」と印象付けるために数百万ドルを投入
  • サウスカロライナ州:洪水の中 警官が移送していた精神病院患者の女性2人が溺死
  • ハリケーン・フローレンス上陸中もサウスカロライナ州の受刑者は監房に入れられたまま なぜ彼らは避難させてもらえなかったのか?
  • 『アメリカの刑務所』:シェーン・バウアー 奴隷制度時代から現代までの営利目的の米刑務所史を追う

2018/9/19(水)

  • マイケル・ムーア:米上院はクリスティン・ブラジー・フォードの訴えを真剣に受け止め、カバノーの審理を延期すべきだ
  • ウィリアム・バーバー牧師:カバノーの最高裁判事就任は、女性、労働者、有権者の権利を危険にさらす
  • ノースカロライナ州を2つの嵐が襲っている – ハリケーン・フローレンスと人々を貧困に留める政策
  • 「生死をわける問題」:トランプ政権による難民の受け入れ制限 歴史的低水準で数千人が命の危機に

2018/9/18(火)

  • カバノーに不利な証言をしようとする連邦裁判所の職員を上院が無視 インターセプト誌記事で明らかに
  • 連邦緊急事態管理局から移民税関捜査局に資金移動 ハリケーン「フローレンス」後の強制送還を恐れて保護を求める移民たち
  • 経済崩壊に続くウォール街占拠運動から10年  協同組合運動が拡大中

2018/9/17(月)

  • カバノーの高校時代の暴行をブラジー・フォードが告発 上院はアニタ・ヒル事件の過ちを繰り返すのか
  • フェイスブックがカバノーへの批判記事を検閲 保守メディアの「フェイクニュース」との判断をうけて
  • カバノーはロー対ウェイド判決を覆すか? カバノーの最高裁判事承認は女性の「生死にかかわる」問題
  • 警官に殺された男性の家族 「ダラス警察がジャンを中傷するのは彼を殺した警官を守るためか?」