モアザン・ベッグがシリアを語る:「前例のない」大虐殺回避のためにイドリブ周辺に飛行禁止区域設定が必要だ

シリアでは国際化学兵器監査官が、4月はじめに化学ガス攻撃で数十人が殺害された疑いがあるドゥーマの街に入ろうと未だ試みています。化学兵器禁止機関(OPCW)の監査官らは14日にダマスカスに到着したもののドゥーマにはたどり着けず、シリアおよびロシア当局が同地への接近を阻んでいると非難しています。4月13日には米国、フランスおよびイギリスが化学兵器貯蔵施設および研究センターの2箇所に空爆を行いました。米先導の攻撃に答えるかたちでロシアは、シリアに対し最新式の防衛システムを提供すると発表、この動きは米国とイスラエルの怒りを招くと見られています。イスラエルは2011年以来、シリアに対し150回以上の空爆を行っています。つい先週もイスラエルは、シリア軍基地のイラン式対空防衛システムを空爆しました。ロンドンからモアザン・ベッグに話を聞きます。ベッグはかつてグアンタナモ収容所で拘束されていました。彼は米政府により司法手続きなしで2002~05年まで、当初はカンダハールで、その後約1年間のバグラム空軍基地拘束を経てグアンタナモに移送されました。2011年と12年にベグはシリアに向かい、米および英による「特別拘束引き渡し」プログラムの報告について調査し、またアサド政権による拘束を経験した人々にインタビューを行いました。ベッグは、ロンドンが拠点を置く対テロ戦争被害者を支援する組織「CAGE」のアウトリーチ部長です。

最近のニュース

2018/7/19(木)

  • 活動家やジャーナリスト弾圧で混乱するパキスタン選挙 投票前に自爆テロで犠牲者
  • PBSのイエメン報道:数百万人が飢餓に直面する中 米国製爆弾が民間人を殺害

2018/7/18(水)

  • ニカラグアの政治危機と暴力による死 カミーロ・メヒア対ジュリオ・マルティネス・エルスバーグが討論
  • マンデラの100回目の誕生日に際し マンデラの人種差別のない民主主義構想について ジェシー・ジャクソン師が回顧
  • エリック・ガーナーが警察官の締め殺されて4年 警察の責任をいまなお問う家族

2018/7/17(火)

  • 核条約について質問しようとしてトランプとプーチンの記者会見から締め出された記者にインタビュー
  • カトリーナ・バンデンヒューベル:ロシアについて報じるときに我々には「息苦しい合意」ではなく「妥協のない討論」が必要
  • ブーツ・ライリーのディストピアな風刺映画『ソーリー・トゥ・ボザー・ユー』は労働者のための反資本主義的スローガン

2018/7/16(月)

  • 米露会談 トランプとプーチンを迎えたのは大規模な抗議デモ 人権や言論の自由 気候変動対策を求め
  • トランプ・プーチン会談は「米国にとって危険」か「核大国に欠かせない重要な外交」か 識者の討論

2018/7/13(金)

  • トランプ政権はメキシコ人記者を勾留して彼の「言論の自由」を侵害した恐れありと裁判所が判定
  • 国境で我が子と引き離された親は 亡命を認められるために再び別れざるを得ないのか?
  • 英国の反トランプデモを批判するテレビ司会者を「バカ」と呼んだ活動家に聞く
  • 訪英したトランプはメイ首相を屈辱 極右政治家ボリス・ジョンソンを称賛しムスリムのロンドン市長を非難