中米からのキャラバンは 米国の残酷な移民政策と帝国主義を 映し出す

メキシコ移民局は中米からキャラバンを組んで旅する移民団を解消させようと努力していますが、いまだ数百人が米メキシコ国境を目指して進んでいます。トランプ大統領は5日早朝「移民団はほぼ解散させられた。メキシコの堅固な移民法と、これが大きな騒ぎとならないためにその法律を適用する意思が働いたためだ」とツイートしましたが、この状況に変化はありません。移民支援組織「国境なき人々」(Pueblo Sin Fronteras)は2010年から、亡命と保護を求める権利に注目を集めるために移民団を組織してきました。今年の参加者は特にホンジュラス出身者が多数を占めています。ホンジュラスは、米国が支持する右派フアン・オルランド・エルナンデス大統領が、昨年11月の選挙で広範囲の不正が行われた疑惑があるにも関わらず第二期目の就任式を終え、政治的混乱がつづいています。「国境なき人々」ボランティア、アルトゥーロ・ビスカーラに最新情報を聞きます。ビスカーラは移民団を組織したメキシコから先日帰国したばかりです。

最近のニュース

2018/9/18(火)

  • カバノーに不利な証言をしようとする連邦裁判所の職員を上院が無視 インターセプト誌記事で明らかに
  • 連邦緊急事態管理局から移民税関捜査局に資金移動 ハリケーン「フローレンス」後の強制送還を恐れて保護を求める移民たち
  • 経済崩壊に続くウォール街占拠運動から10年  協同組合運動が拡大中

2018/9/17(月)

  • カバノーの高校時代の暴行をブレイジー・フォードが告発 上院はアニタ・ヒル事件の過ちを繰り返すのか
  • フェイスブックがカバノーへの批判記事を検閲 保守メディアの「フェイクニュース」との判断をうけて
  • カバノーはロー対ウェイド判決を覆すか? カバノーの最高裁判事承認は女性の「生死にかかわる」問題
  • 警官に殺された男性の家族 「ダラス警察がジャンを中傷するのは彼を殺した警官を守るためか?」

2018/9/14(金)

  • 「気候資本主義が我々のコミュニティを破壊している」抗議者がブラウン知事の気候サミットを妨害
  • 温室効果ガスを制限する手段か 「汚染する権利」か? 排出量取引制度をめぐる論争
  • 100人以上の先住民活動家 カリフォルニア州ブラウン知事の市場原理に基づく気候変動対策を批判
  • 地球工学をめぐる論争:気候変動と闘うため地球に「ハック」を仕掛けるべきか?

2018/9/13(木)

  • ノースカロライナのラグーンには普段から数十億リットルの家畜排泄物が蓄積 ハリケーンでそれが水路に飛び散る可能性
  • 大手石炭会社が灰を貯蔵する素掘りの池を ハリケーンが直撃する見込み
  • ビル・マッキベンからジェリー・ブラウン知事へ:排出制限だけでは不十分 石油採掘は中止すべきだ

2018/9/12(水)

  • 新種の奴隷制か? カリフォルニアの山火事に時給1ドルで立ち向かう服役者たち
  • 服役者消防士として時給53セントで働いたアミカ・モタ 出所後は消防士として働くことを認められず
  • ダコタ・アクセスでの死 石油・天然ガス・ブームにより 規制緩和の中 生み出される危険なパイプライン建設の仕事