バーバー牧師と人種分離主義者ストロム・サーモンドの元見習いが新たな貧者の運動を立ち上げるために結束

米国が1月第3週のマーティン・ルーサー・キング・デイを迎える準備をする中、現代の公民権運動の指導者は、新たな「貧者の運動」(Poor People’s Campaign)を立ち上げました。これは、キング牧師と南部キリスト教指導者会議によって導かれた歴史的な1968年の運動に触発されたものです。この新たな運動の組織者たちは今後数カ月の間に、組織的人種差別、貧困、戦争経済、環境破壊への注目を呼び掛けるために、全米の州議会議事堂と国会議事堂での6週間の直接的な行動を予定しています。「破れを繕う者たち」(Repairers of the Breach)の代表で上級講師のウィリアム・バーバー牧師に、さらに詳しく話を聞きます。彼は「モラル・マンデー」(Moral Mondays)の指導者で、Third Reconstruction: Moral Mondays, Fusion Politics, and the Rise of a New Justice Movement (『3回目の再建:モラル・マンデー、融合政治、新たな正義運動の台頭』)の著者です。福音派の牧師で、ノースカロライナ州ダーラムの「改宗のための学校」(School for Conversion)の代表であるジョナサン・ウィルソン・ハートグローブからも話を聞きます。彼は近刊書Reconstructing the Gospel: Finding Freedom from Slaveholder Religion(『福音の復興:奴隷所有者たちの宗教からの自由の発見』)の著者です。ウィルソン・ハートグローブは、白人の南部バプテスト派の教会員として育ち、公民権運動に徹底した反対を唱え人種分離政策の支持者だったサウスカロライナ州選出上院議員、故ストロム・サーモンドの見習い給仕をしていたことがあります。ウィルソン・ハートグローブの政治的転換は、ウィリアム・バーバー牧師の説教を聴いた後から始まりました。

最近のニュース

2018/9/21(金)

  • 新作『華氏11/9』でマイケル・ムーアがトランプ大統領と対決 民主主義の危機を警告
  • トランプ大統領 1998年にトーク番組『ロザンヌ・ショー』でのインタビューで自分を題材にした映画を制作しないようマイケル・ムーアに警告
  • マイケル・ムーア「民主党が2016年にトランプ氏をもっと真剣に受け止めなかったのは致命的なミス」
  • マイケル・ムーア「我々はヒトラーを権力の座に就かせた『良きドイツ人』のようになるのか」

2018/9/20(木)

  • ブラジー・フォードの弁護人:FBIによるカバノー素性調査には レイプ未遂告発への調査も含まれるべき
  • 右派活動家ネットワークが カバノーへの中絶に関する質問を「反宗教的」と印象付けるために数百万ドルを投入
  • サウスカロライナ州:洪水の中 警官が移送していた精神病院患者の女性2人が溺死
  • ハリケーン・フローレンス上陸中もサウスカロライナ州の受刑者は監房に入れられたまま なぜ彼らは避難させてもらえなかったのか?
  • 『アメリカの刑務所』:シェーン・バウアー 奴隷制度時代から現代までの営利目的の米刑務所史を追う

2018/9/19(水)

  • マイケル・ムーア:米上院はクリスティン・ブラジー・フォードの訴えを真剣に受け止め、カバノーの審理を延期すべきだ
  • ウィリアム・バーバー牧師:カバノーの最高裁判事就任は、女性、労働者、有権者の権利を危険にさらす
  • ノースカロライナ州を2つの嵐が襲っている – ハリケーン・フローレンスと人々を貧困に留める政策
  • 「生死をわける問題」:トランプ政権による難民の受け入れ制限 歴史的低水準で数千人が命の危機に

2018/9/18(火)

  • カバノーに不利な証言をしようとする連邦裁判所の職員を上院が無視 インターセプト誌記事で明らかに
  • 連邦緊急事態管理局から移民税関捜査局に資金移動 ハリケーン「フローレンス」後の強制送還を恐れて保護を求める移民たち
  • 経済崩壊に続くウォール街占拠運動から10年  協同組合運動が拡大中

2018/9/17(月)

  • カバノーの高校時代の暴行をブラジー・フォードが告発 上院はアニタ・ヒル事件の過ちを繰り返すのか
  • フェイスブックがカバノーへの批判記事を検閲 保守メディアの「フェイクニュース」との判断をうけて
  • カバノーはロー対ウェイド判決を覆すか? カバノーの最高裁判事承認は女性の「生死にかかわる」問題
  • 警官に殺された男性の家族 「ダラス警察がジャンを中傷するのは彼を殺した警官を守るためか?」