最大の秘密:テロとの戦いの影響を受けたNYタイムズ記者時代をジェイムズ・ライゼンが語る

本日は、8月にニューヨーク・タイムズ紙の記者を辞職し、報道サイト『インターセプト』の国家安全保障担当上級通信員となったジェイムズ・ライゼンと共にお送りします。彼は、The Biggest Secret: My Life as a New York Times Reporter in the Shadow of the War on Terror(『最大の秘密:テロへの闘いの影にあったニューヨーク・タイムズ紙レポーターとしての私の半生』)と題した1万5000語の記事を今週発表しました。この衝撃的な記事には、9/11同時多発テロ後の時期の国家安全保障に関する重要な記事を公表しようと奮闘したことや、米国政府と他ならぬニューヨーク・タイムズ紙の編集部の両者が握り潰していたことが書かれています。その中には後に彼がピュリッツァー賞を受賞したブッシュ政権の令状なしの盗聴プログラムについての報道も含まれています。ライゼンは、ニューヨーク・タイムズ紙の重要編集者たちとCIAやホワイトハウスの幹部たちによる会議についても語っています。ライゼンは情報源を明かすことを拒否したために起訴され、最高裁判所まで争い、あやうく刑務所送りになるところでしたが、オバマ政権が見逃してくれたためにそれを免れました。

最近のニュース

2018/7/19(木)

  • 活動家やジャーナリスト弾圧で混乱するパキスタン選挙 投票前に自爆テロで犠牲者
  • PBSのイエメン報道:数百万人が飢餓に直面する中 米国製爆弾が民間人を殺害

2018/7/18(水)

  • ニカラグアの政治危機と暴力による死 カミーロ・メヒア対ジュリオ・マルティネス・エルスバーグが討論
  • マンデラの100回目の誕生日に際し マンデラの人種差別のない民主主義構想について ジェシー・ジャクソン師が回顧
  • エリック・ガーナーが警察官の締め殺されて4年 警察の責任をいまなお問う家族

2018/7/17(火)

  • 核条約について質問しようとしてトランプとプーチンの記者会見から締め出された記者にインタビュー
  • カトリーナ・バンデンヒューベル:ロシアについて報じるときに我々には「息苦しい合意」ではなく「妥協のない討論」が必要
  • ブーツ・ライリーのディストピアな風刺映画『ソーリー・トゥ・ボザー・ユー』は労働者のための反資本主義的スローガン

2018/7/16(月)

  • 米露会談 トランプとプーチンを迎えたのは大規模な抗議デモ 人権や言論の自由 気候変動対策を求め
  • トランプ・プーチン会談は「米国にとって危険」か「核大国に欠かせない重要な外交」か 識者の討論

2018/7/13(金)

  • トランプ政権はメキシコ人記者を勾留して彼の「言論の自由」を侵害した恐れありと裁判所が判定
  • 国境で我が子と引き離された親は 亡命を認められるために再び別れざるを得ないのか?
  • 英国の反トランプデモを批判するテレビ司会者を「バカ」と呼んだ活動家に聞く
  • 訪英したトランプはメイ首相を屈辱 極右政治家ボリス・ジョンソンを称賛しムスリムのロンドン市長を非難