最大の秘密:テロとの戦いの影響を受けたNYタイムズ記者時代をジェイムズ・ライゼンが語る

本日は、8月にニューヨーク・タイムズ紙の記者を辞職し、報道サイト『インターセプト』の国家安全保障担当上級通信員となったジェイムズ・ライゼンと共にお送りします。彼は、The Biggest Secret: My Life as a New York Times Reporter in the Shadow of the War on Terror(『最大の秘密:テロへの闘いの影にあったニューヨーク・タイムズ紙レポーターとしての私の半生』)と題した1万5000語の記事を今週発表しました。この衝撃的な記事には、9/11同時多発テロ後の時期の国家安全保障に関する重要な記事を公表しようと奮闘したことや、米国政府と他ならぬニューヨーク・タイムズ紙の編集部の両者が握り潰していたことが書かれています。その中には後に彼がピュリッツァー賞を受賞したブッシュ政権の令状なしの盗聴プログラムについての報道も含まれています。ライゼンは、ニューヨーク・タイムズ紙の重要編集者たちとCIAやホワイトハウスの幹部たちによる会議についても語っています。ライゼンは情報源を明かすことを拒否したために起訴され、最高裁判所まで争い、あやうく刑務所送りになるところでしたが、オバマ政権が見逃してくれたためにそれを免れました。

最近のニュース

2019/5/21(火)

  • 拘束し虐待し医療処置を与えない トランプの移民政策が招く国境での児童死亡
  • ジェニファー・ハーベリー 「グアテマラ人児童の国境での死は数十年にわたる米国支援の大虐殺に根差している」
  • 投獄されたサウジの女性解放活動家ルジャイン・アル=ハズルールの家族 「彼女は水責め、むち打ち、電気ショックによる拷問を受けた」

2019/5/20(月)

  • 嘘だらけのジェネリック医薬品 FDAの不十分な監督と業界ぐるみの不正が患者の健康を脅かす

2019/5/17(金)

  • 州新法により中絶施術で99年の禁固刑となる可能性のあるアラバマの医師
  • 中絶容認最高裁判決が覆された場合の米国の姿とは?反中絶法続出ですでに実体験者も
  • 移民保護活動家マル・モーラ・ビリャルパンドとラヴィ・ラグビア 国外追放の脅威にも屈せず声を上げ続ける

2019/5/16(木)

  • 「シリア秘密刑務所の内側」:反対派を鎮圧したアサドの拷問機関への悲惨な証言
  • 米環境保護庁が除草剤ラウンドアップは安全と主張するも 陪審はモンサントに20億ドルの賠償金を命じる
  • プラスチック汚染削減に世界各国が大きな一歩を踏み出すも 米国は参加を拒否

2019/5/15(水)

  • アラバマ州、妊娠中絶の権利を認めた連邦最高裁判決を覆す「ステルス キャンペーン」の一環として、ほぼすべての中絶の禁じる法案を可決
  • 脅迫と送電停止にもかかわらず、首都ワシントンD.C.のベネズエラ大使館内にとどまる反クーデター活動家たち
  • メディア・ベンジャミン:イランとの戦争に反対するために反戦運動の構築が必要
  • 独裁政権打倒後、スーダンの抗議運動は軍政から民政への移管を要求