活動家達がシカゴ警察による「恐怖支配」の終焉を求める中 レキア・ボイド殺害警官が辞職

今日のデモクラシーナウ!は、イリノイ州シカゴからの放送です。当地で起き大きな話題を呼んだ、武器を持たないアフリカ系米国人男女の警官による銃撃事件数件のその後の大きな進展、さらに独立系メディアが警察の不祥事の暴露にいかに主要な役割を果たしてきたかを見ていきます。非番の日、自分の家の近くで友達とたむろしていたレキア・ボイドを銃撃した件で懲戒免職処分に処されるべきかいなかを問う公聴会を数日後に控えていた警官ダンテ・サービンが 17 日、シカゴ警察を辞職しました。辞職は、シカゴ市長ラーム・エマニュエルが、懲戒処分をもたらすことなどまずない生ぬるい捜査で批判を浴び問題となっていたシカゴ市の警察監視局を撤廃すると今週発表したのと期を一にして起こりました。エマニュエル市長自身も、2014 年に警官から 16 回の発砲を受けて死亡したラクアン・マクドナルド事件の隠蔽疑惑で辞職要求に直面しています。「インビジブル・インスティチュート」(Invisible Institute)設立者でフリーランス・ジャーナリストのジェイミー・カルベンに話を聞きます。カルベンは、ラクアン・マクドナルドが 16 回銃撃されたことを示す検視報告書を公表し、銃撃が写っているビデオの存在を最初に報道した記者でした。シカゴ警察の不祥事の報道でここ数ヶ月間にジョージ・ポーク賞とイジー賞、ライデンアワー勇気賞(Ridenhour Courage Prize)を受賞しました。非営利団体「アサタの娘たち(Assata's Daughters)」の共同設立者でオルガナイザーのペイジ・メイもゲストです。メイは国連拷問禁止委員会に派遣された代表団「 我々は大虐殺を告発する(We Charge Genocide)」の一員でした。

最近のニュース

2019/11/15(金)

  • 「ここが私の祖国」 DACA存続のための最高裁の訴訟における原告代表と話す
  • コリー・ブッカー上院議員 米国における環境正義・原子力・「野蛮な人種格差」について語る
  • ロドニー・リードに正当な裁きを:無罪を示す新証拠の出現で数百万人がテキサス州に死刑執行中止を求める

2019/11/14(木)

  • 第一回大統領弾劾公開公聴会 ウクライナのバイデン親子捜査への圧力にトランプが加担
  • 「こんなことは許されない」:ニクソン弾劾に賛成票を投じた元下院議員 トランプはならず者大統領だと語る
  • チリ人活動家:社会的危機をもたらしたエリートに新憲法は任せられない
  • コード・ピンク創設者メディア・ベンジャミン 米国の海外干渉に抗議した後 逮捕すると脅される

2019/11/13(水)

  • パート1:裁かれる 民主主義:ビル・モイヤーズが語る、トランプ大統領の弾劾調査・公聴会を公共放送がプライムタイムに放送すべき理由
  • パート2:ビル・モイヤーズ 弾劾を語る:大統領は皆、嘘をつくが、トランプは「嘘つきの文化」を生み出した
  • クーデタ?エボ・モラレスの辞任につながったボリビアの政治危機について討論

2019/11/12(火)

  • 「土壇場の民主主義」ブラジルでのルラの釈放はボルソナーロ大統領への抵抗運動の勝利
  • 現金保釈の廃止と司法制度改革を公約したチェサ・ブーダンがサンフランシスコ地方検事選で勝利
  • 「シアトルは売りものではない」有権者によるアマゾン社への不満表明 社会主義者クシャマ・サワント再選

2019/11/11(月)

  • 「これは軍事クーデターだ」 ボリビアのエボ・モラレス大統領が軍の要求に応じて辞任
  • エリザベス・ウォレンが語る 環境正義 パイプラインの閉鎖 資本主義と大富豪