裸の王様作戦:米麻薬取締局のボリビアでの秘密おとり捜査 モラレス大統領懸念の米国による干渉を裏づけ

米政府がボリビアのエボ・モラレス大統領を、「裸の王様作戦」(Operation Naked King)というコードネームの薬物おとり捜査の中で密かに標的にしていたとする衝撃的な新報告書を紹介します。9月15日の朝にハフィントン・ポストによって公表されたばかりのこの報告書は、麻薬取締局(DEA)の長年の秘密情報提供者カルロス・トロによって提出された裁判所記録を引用しています。これによって、DEAがモラレス政権を弱体化させようとしているというモラレスの以前からの疑いが裏付けられたようです。
モラレスは2008年、DEAによる警察官買収、人権侵害、殺人隠蔽、インフラ破壊を非難し、DEAをボリビアから追放しました。その後モラレスは、コカの葉栽培者と協力し、栽培作物の多様化、新しいタイプの経済開発の促進といった、独自の戦略による麻薬密売との闘いを始めました。彼の政権の取り組みは非常に効果的で、国連は8月、ボリビアのコカの葉栽培量は13年来最低基準となったと発表しました。この勝利にも関わらず、DEAは9月第3週、公式にボリビアの成果の「評価を取り消す」つもりだと発表しました。この、ボリビアは麻薬密売に対する闘いに十分に協力していないとするDEAの非難を公的にする官僚的手続きによって、ボリビアへの国際的経済援助が断たれる可能性もあります。ハフィントン・ポストのニック・ウィングと「アンデス情報ネットワーク」(Andean Information Network)の代表キャスリン・レデバーに話を聞きます。

最近のニュース

2019/7/23(火)

  • 「 辞任せよリッキー」:ロセジョ知事の辞任を求め50万人のプエルトリコ市民が首都サンフアン街頭を埋める
  • 「リッキー漏えい」がいかにプエルトリコ知事の正体を暴き辞任要求運動に火をつけたか
  • 『ナイフを研げ』カイエ・トレセのイレが語るプエルトリコ抗議賛歌のレコーディング

2019/7/22(月)

  • 「関係国すべてが緊張緩和をはからなければならない」 イラン・米英間の緊張に戦争を恐れる声
  • 「今でなければいつ立ち上がる?」 ハワイ先住民 マウナケア山頂の望遠鏡建設計画に抗う
  • 米環境保護庁 殺虫剤クロルピリホスを禁止せず 子どもの脳損傷との関連性が指摘されたにもかかわらず

2019/7/19(金)

  • 反人種主義歴史家:オマル議員への攻撃は「アメリカは白人の国」という信念に根ざしている
  • 内部告発で2003年のイラク侵略をあわや止めかけた英国人女性 最新映画が描く

2019/7/18(木)

  • プエルトリコ 下劣なメールと汚職問題で ロセージョ知事の辞任を求め10万人近くがデモ
  • 「これは戦争と言うだけではない 私たちの人生なのだ」戦乱のシリアを描き称賛される貴重なドキュメンタリー『サマのために』

2019/7/17(水)

  • 「彼らはやるべき仕事をやらなかった」:エリック・ガーナーの家族は彼を死なせた警察を司法省が訴追しないことに激怒
  • アマゾンが同業他社より安値で販売を続ける中 労働者は同社に対し公正な賃金と労働条件を要求
  • 世界で一番幸せな場所? ディズニーの遺産相続人がディズニーランドの労働者酷使について批判