アミリ・バラカ(1934‐2014):革命的な政治、ブラックカルチャーを形作った詩人、劇作家、アクティビスト

1月9日、アミリ・バラカが79歳で逝去しました。本日は、番組の時間いっぱいを使って、詩人、劇作家、政治活動家で、1960年代および1970年代にブラックアーツ運動の中心的な原動力だったバラカの生涯と功績を振り返ります。バラカは1963年に、アフリカ系アメリカ人によって書かれた初めてのブラックミュージックの主要な歴史書として知られる『ブルースピープル:白いアメリカ、黒い音楽』)を出版しました。1年後の1964年には、詩集The Dead Lecturer(『死んだ講師』)を出版し、戯曲 Dutchman(『ダッチマン』)でオビー賞を受賞しました。1965年にマルコムXが暗殺された後、バラカはハーレムに移り、「ブラックアーツレパートリーシアター」を創設しました。1960年代後半には、生まれ故郷であるニューアークに戻り、政治的組織活動により多くの力を注ぎ始め、FBIから「汎アフリカ運動の米国での主導者として頭角を現す人物になると見られる」とみなされました。バラカは昨年後半に入院するまで著作と詩のパフォーマンスを続け、一連の作品は、若い世代のヒップホップアーティストやスラムの詩人たちに多大な影響を及ぼしました。バラカの長年の同志で友人だった4人のゲストが番組に参加します。ソニア・サンチェスは、高名な作家で詩人、劇作家、アクティビストです。フェリペ・ルシアーノは詩人、アクティビスト、ジャーナリスト、作家で、詩と音楽のグループ「The Last Poets (最後の詩人たち)」のオリジナルメンバーでした。コモジ・ウッダードは、サラローレンス大学の歴史学教授で、A Nation Within a Nation: Amiri Baraka and Black Power Politics (『国の中の国:バラカとブラックパワーの政治学』)の著者、ラリー・ハムは、ニュージャージー州ニューアーク市の団体「People’s Organization for Progress (進歩のための市民の組織)」の議長です。

最近のニュース

2020/8/7(金)

  • 「世界一危険な男」 メアリー・トランプ 叔父のトランプを政権から追うべき理由を語る

2020/8/6(木)

  • 「人類の終焉の始まり」:広島の原爆投下から75年 被爆生存者による核兵器への警告
  • 米国政府とハリウッドが秘密裏に協力し 日本への爆撃をいかに正当化したかを明らかにする

2020/8/5(水)

  • 「絶望と破壊」ベイルートの医師 港湾地区での大爆発後の 惨状を語る
  • ジャーナリストのラミ・コウリ 「ベイルートの爆発は長年のレバノン政府の無能と腐敗への追い打ち」
  • 巨大ハイテク企業の終焉? 「犯罪者並みの」態度と権力独占にフェイスブック、アマゾン解体の声が高まる

2020/8/4(火)

  • 公衆衛生対政治:民主党優勢の州に痛手を負わせるため米政府が全米共通のCOVID-19検査計画を打ち切り
  • 「彼らを全員釈放せよ」:移送と国外退去によってCOVID感染拡大 移民の収監停止を求める声高まる
  • 「基本的に死刑宣告」:移民・関税執行局留置所で感染急増 ハンスト囚人が釈放要求
  • 武装した国境警備隊の戦術部隊 米国境の医療キャンプを急襲し荒らしまわり30人の移民を逮捕

2020/8/3(月)

  • トランプがバイデンの勝利を拒否したら? 大統領選挙の混乱が米国を分裂させるシミュレーション
  • 投票権活動家のラ・トーシャ・ブラウン 「トランプは再選のためなら民主主義を骨抜きにする気満々」
  • 「モロッコ当局は証拠を持っていない」:モロッコ人ジャーナリストのオマール・ラディは政府を批判した後、政府に監視され拘束された