国家安全保障書簡によって、かん口令を敷かれた元インターネットプロバイダーが語る 6年にわたる沈黙強制

6年間にわたってFBIのかん口令下にあった人物と共に、米政府の監視とインターネットのプライバシーについての議論を続けます。「カリックス」という、ニューヨークを拠点としたインターネット・サービス・プロバイダーを経営していたニコラス・メリルに対し、2004年のはじめ、彼の顧客の一部についての詳細な個人記録を引き渡すことを命じる国家安全保障書簡が発行されました。この書簡の受取人は、法律によって、FBIと接触をもったことを他言することが禁じられています。国家安全保障書簡を受け取った後、かん口令を敷かれた米国市民はメリルの他にもいますが、FBIの秘密の戦術に立ち向かったのは彼が初めてでした。メリルは、アメリカ自由人権協会に行き、国家安全保障書簡の規則に対する初めての訴訟を起こしました。この訴訟においては、メリルの身元は単にジョン・ドウ(名なしの権兵衛)とされました。2010年8月にFBIとの合意が成立して初めてメリルは自分の身元を公にすることができるようになりました。「[この裁判では]米国愛国者法の中の国家安全保障書簡の条項が違憲であると、二度判決が下される結果となりました」と、メリルは言います。「しかし、われわれは最高裁に行って、国家全体に影響を及ぼす、最終的な拘束力のある判決を得るところまでは行くことができませんでした。サイバー・セキュリティの心配とプライバシーの重要性は、同じコインの裏と表のようなものです。組織や人々が機密性を必要とする、議論の余地のない例はいくらでもあります。医療がその一つで、第二にジャーナリズムがあり、3つ目は明らかに人権団体でしょう。我々は、アメリカ国民が自分のデータを暗号化し、プライベート情報を持つ権利を剥奪されるなら、さまざまな種類の産業、民主主義全体、そして世界の中での立場に、深刻で広範囲に渡る影響を及ぼすだろうということを主張しようとしているのです」。

最近のニュース

2019/11/8(金)

  • 史上初の環境正義をめぐる大統領候補者討論会にウォーレン、ブッカー、ステイヤーなどが参加
  • 「民主党全国大会まで待つ余裕はない」黒人議員が環境正義フォーラムを開催した理由
  • オレンジバーグ虐殺事件の追悼:1968年に警察が3人の武器を持たない黒人学生を射殺

2019/11/7(木)

  • 長期政権だったブーテフリカ大統領を辞任に追い込んで数か月 アルジェリアでは抗議デモが続く
  • 元ツイッター社員 サウジのスパイ活動関与で告発される サウジの反体制派弾圧強化の一環
  • 『花粉を運ぶものたち』:ミツバチ群の減少で食物連鎖の崩壊が起こる可能性を示唆する映画

2019/11/6(水)

  • テキサスは無実の男を処刑するのか?新たな証言が出るなか、ロドニー・リードの家族が再審を要求
  • 州選挙で米民主党が相次ぎ勝利 バージニア州議会は上下両院を獲得、トランプ支援のケンタッキー州知事は落選

2019/11/5(火)

  • ビル・マッキベンが語る米国のパリ協定からの離脱、カリフォルニアの山火事、気候難民
  • 「僕の母を釈放して」癌ステージ4の母親の強制送還と闘うイェール大生
  • ニューヨーク市の有権者 市公職選への選択希望順位投票制採用を票決
  • コロラドが全米で最も投票率が高い州の1つになった過程

2019/11/4(月)

  • アマゾンの森林を不法に伐採する業者が先住民指導者を殺害 ボルソナロ大統領の規制緩和に乗じ
  • 立ち退き 攻撃 犯罪者扱い 住宅危機に襲われたサンフランシスコで家を失った人々が声を上げる
  • 追悼 1979年のグリーンズボロ虐殺事件 KKKとナチスが白昼5人を殺害